三種類から選択できる「ENEOSカード」

ガソリン給油の際にリッターあたりの価格が割引される「ガソリンカード」、普段お車をお使いの方は必要不可欠ですよね。ガソリンカードの場合、普段利用するガソリンスタンドのカード、もしくは普段利用する道路沿いにあるガソリンスタンドのガソリンカードを使うのがいちばんいい方法です。

 

そして、全国チェーンの「ENEOS」を利用される方、普段利用する道路沿いに「ENEOS」がある方は多いのではないでしょうか?

 

ということで、ここではENEOSカードのご紹介をさせていただきます。ENEOSカードは、ご希望のサービスにあわせて三種類のカードが選択できます。

 

ENEOSカード C

カードCの場合、毎月のカードご利用金額によって、ガソリン・軽油の値引き額が決まります。利用額一万円未満だと、ガソリン・軽油リッターあたり一円引き、一万円〜二万円未満だと二円引き、二万円〜五万円未満だと四円引き、五万円〜七万円未満だと五円引き、七万円以上のご利用で七円引きと、利用額に応じて値引き額が決まります。この価格は毎月150リットルまでの給油が値引き可能です(七万円以上ご利用、月に150リットル給油される場合、月々1,050円お得になります)。
年会費は初年度無料、本人会員で1,250円、家族会員は無料です。このカードは「クレジット利用額が多く、ご家族も給油される方」におすすめです。

 

ENEOSカード P

カードPは、「ポイント還元率が高い」カードです。
ENEOSでのご利用の場合、1,000円ごとに30ポイント、また、一般加盟店であればご利用1,000円ごとに6ポイント貯まり、1,000ポイント貯まったら、キャッシュバック1,000円分、もしくはお好きな商品と交換できます。このカードも年会費っは初年度無料の本人会員1,250円、家族会員は無料となっています。単純計算で、月にENEOSで33,000円分給油、もしくはオイル交換などでご利用されると、1,000円キャッシュバックが付属します。ご家族の方も含め、1〜2か月で33,000円分給油されるご家庭は多いので、年会費分程度はすぐに元を取れると思います。

 

ENEOSカード S

カードSは、カードC、カードPの間のバランスのいいカードになっています。ガソリン・軽油であればいつでもリッターあたり2円引きで、カーメンテ商品、ショッピングでのご利用でポイントも貯まります。ガソリン値引きに特化していなく、また、ポイントを貯めるのに特化していませんが、両方においてバランスのいいカードになっています。年会費は他のカードと同じく本人会員は1,250円、家族会員は無料です。が、「年一回のカード利用で年会費無料」という最大のサービスがあります!

 

三種類のカード、それぞれにメリット・デメリットがありますし、三種類のカードに共通する「ロードサービス」などのお得なサービスもありますので、「ENEOSでお得にガソリンを給油したい」と考えている方は、ぜひ三種類のカードをチェックして、いちばんお得になるカードをご利用くださいね。

おすすめのガソリンカードBEST3


ENEOSカード
お得が選べる3種類のカードを用意!

24時間安心のロードサービス付き

WEB入会でガソリン代がお得!!

初年度年会費無料だから気軽に持てる!

公式サイトへ

コスモ・ザ・カード・オーパス
ガソリン・灯油を会員価格で!

うれしい入会時のキャッシュバック!

WAON機能も搭載!

イオングループでのお買い物がお得に!

公式サイトへ

出光カード
年会費永久無料のお得なカード

いつでもガソリン代リッター2円引き

WEB明細で地球に優しくガソリン代を節約!

西友・リヴィン・サニーでの利用でお得!

公式サイトへ